ツイート シェア

『万引き家族』が暮らす下町へ ロケ地の合羽橋と南千住を歩く

 ゆったりモードでロケ地を訪ね、町を散歩し、美味しいものを食べ、“旅”として、東京を楽しむ日本映画散歩。第3弾はカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作、是枝裕和監督の『万引き家族』(2018)の住む町、もといのロケ地である東京の下町へ。

『万引き家族』(C) 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

 『万引き家族』、最初に観た時より、いま何気なく再生した予告編にやられてしまった! 号泣。予告編の作りのうまさもあるだろうが、映画はたぶん観るタイミングがあるのだと思う。機が熟すというか、自分と映画の出会うべきポイントがあるというか。いや、歳を重ねることで、映画のどこに反応するかは変わり、それが面白さのひとつなので、本当はいつ観てもいいのだが。

 東京の下町の小さな家で、肩寄せあって暮らす大家族。名前は紹介されるが、映画の中に姓は出てこない。それもそのはず、彼らは戸籍上の、本当の家族ではないからだ。子どもから大人まで、何らかの理由で行き場をなくした人々が辿りついた場所。それがこの<家族>だった。

 「父」の治(リリー・フランキー)は土木現場、「母」の信代(安藤サクラ)はクリーニング工場で働いている。にも関わらず、その収入は「祖母」の初枝(樹木希林)、「長女」の亜紀(松岡茉優)、「次女」のりん(佐々木みゆ)、「長男」の祥太(城桧吏)らを養えるものではない。何のぜいたくをしているわけでもないのにだ。だから初枝の年金も当てにするし、ちょっといかがわしいところでのアルバイトも、万引きもする。<家族>はそうやって日々の生活を立てているし、この関係を継続させるためのバランスを取っているのだ。

<家族>が暮らす町を訪ねて

 そんな<家族>が暮らす町を訪ねてみた。

 設定は、東京の下町。原案・脚本の是枝監督は、台東区、荒川区あたりをイメージしているのだろう。実際にロケが行われたのも、このあたりが多い。まず、初枝が亜紀と一緒に年金を下ろしに行くシーン。このシーンが撮影されたのは「朝日信用金庫合羽橋支店」(台東区松が谷3-18-13)。

朝日信用金庫合羽橋支店(撮影:Avanti Press)

 『台東区フィルムコミッションによると、「朝日信用金庫さんには通帳などの小道具作成のご協力のほか、実際に勤務されてらっしゃる行員さんにも撮影当日ご出演いただいた」そうで、撮影は、信金さんの全面協力のもと行われたようだ。

ここに来ればいつでも飲食店を開けるだけの材料が揃う合羽橋(撮影:Avanti Press)

 「朝日信用金庫合羽橋支店」があるのは、料理道具、食器、厨房設備、白衣などの専門店が並ぶ合羽橋のど真ん中。外国からの旅行客の間では、本物そっくりに作られた食品サンプルが人気のおみやげとなっているようで、街はいつも賑わっている。

 河童でなく合羽、しかも橋もないのに“合羽橋”。その由来は、近くにある「曹源寺」(台東区松が谷3-7-2)に記されていた。

合羽橋ゆかりの寺、曹源寺(撮影:Avanti Press)

 江戸時代、水はけが悪く、洪水に悩まされていたこの地区に、堀を作り、住民を救ったのが、雨合羽を商う商人、喜八。彼にちなみ、その堀にかかる橋の名を合羽橋としたのだとか。江戸時代、朝日信用金庫の前の通りは喜八が作った新堀川だったのだ。商店街の端にある信号の名前は、いまでも菊屋橋信号だ。

関連記事