ツイート シェア

女神の足元から天使の眺めを 映画ロケ地でめぐるドイツ・ベルリン①

 ドイツの首都・ベルリンはヨーロッパを代表する観光都市。ベルリンの壁やシャルロッテンブルク宮殿など長い歴史が築いた観光スポットには、ロンドンとパリに次ぐ数の観光客が集まるそう。また、それらの多くは数々の名作映画や小説に登場する重要な舞台でもあります。

天使が見下ろしたモノクロの街

 ベルリンを舞台にした映画といえば、現在も圧倒的な知名度を誇る『ベルリン・天使の詩』(1987)でしょう。2018年のベルリン国際映画祭では4Kデジタル修復版が上映され、来場したヴィム・ヴェンダース監督に盛大な拍手が送られました。公開から約30年経っても人気が衰えない理由のひとつは、ベルリンの壁以外さほど変化していないロケーションかも。その代表がこちら、天使のダミエル(ブルーノ・ガンツ)がたたずんでいた「戦勝記念塔」(ジーゲスゾイレ)です。

「戦勝記念塔」(ジーゲスゾイレ)はベルリン中央に広がる広大な公園「ティーアガルテン」の中心に。ベルリンの壁が存在していたブランデンブルグ門から大通りを西へ約2キロ。撮影当時は西ベルリン側でした(撮影:goo映画編集部)

 地味なコートに身を包み、ベルリンの街を見守り続ける天使たち。彼らの目に映るベルリンはモノクロですが、実際の女神像はご覧の通りキラッキラです。さすが勝利の女神ヴィクトリア。近付くにつれて増す迫力は、夜中にロボ化して悪を倒しそうな雰囲気も。

 もっと近付きたくなったなら、女神の足元まで行ってみましょう。ここからが本番です。エレベーターなんてもちろんなく、ひたすら続く螺旋階段は気軽に上り始めたことを後悔する険しさ。すれ違う人たちからも次第に笑顔は消え、「大丈夫?」「あと少しだからがんばって」と真顔で声をかけあう登山客状態になることも。「羽根がない人間のカラダはとっても重い」という事実を、心から実感できてしまう仕様です。これも女神の配慮でしょうか。

狭い螺旋階段がひたすら続く塔内部。最初は笑顔だった人もそのうち無口になり、到着間際は荒い息遣いしか響かなくなることも…。途中に休憩用の椅子アリ(撮影:goo映画編集部)

 やっとのことで到着した地上約60メートル。足元から見上げる女神像もやっぱりキラッキラです。

足元に到着! 間近で見てもキラッキラです(写真:goo映画編集部)

 もちろん見晴らしは、苦労した甲斐があったと思えるすばらしさです。これぞ天使ダミエルが見ていたベルリンの景色。彼は人間女性に恋心を抱いたことで天使の立場を捨て、この見晴らしとお別れしました。しかし次には、初めて見た色鮮やかなベルリンが彼の心を打ちます。「ティーアガルテン」を覆う緑にもきっと、彼は目を輝かせたでしょう。ちなみに、塔の内部に歴史に関する展示スペースも。いくつもの戦争やベルリンの壁など、あらゆる時代のベルリンと寄り添った様子を豊富な資料で学べます。

旧西ベルリン側の「6月17日通り」。1989年のベルリンの壁崩壊時には、壁に向かう西ベルリン市民で埋め尽くされた場所でもあります(撮影:goo映画編集部)

戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ) Siegessaule WEB
住所 Großer Stern 1, 10557 Berlin

関連記事