ツイート シェア

『今日から俺は!!劇場版』昭和の風景が残るロケ地・栃木県足利市に注目

三橋たちツッパリが集う商店街は群馬に

 一方、伊藤と成蘭女子高校の女番長・京子(橋本環奈)が愛を育んだり、紅羽高校の番長・今井(仲野太賀)が三橋と交友を温めたりする(!?)商店街は群馬県前橋市の「前橋中央通り商店街」に移動。その近くの「千代田町のスナック街」は大体、三橋たちが他校の生徒と一戦を交えるリングと化す。

商店街でイチャイチャする伊藤と早川京子(橋本環奈)(C)西森博之/小学館(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

 地元住民たちも慣れたもの。三橋たちがワイワイガヤガヤやっていても、気にする様子もなく素通りしていくのがオツ。さりげない演出により、ツッパリで溢れている地元の空気感を作り上げているのが素晴らしい。また「開久高校」の外観も群馬県に。2008年に閉校となった安中市の群馬県立安中高等学校(安中市安中1-2-8)が使用されている。

乱闘シーンは有形文化財で撮影

 ドラマ以上にアクションシーンが盛りだくさんとなった本作において、ツッパリたちが心置きなく暴れる場所として大活躍するのが「株式会社トチセン」(旧足利織物)の本社工場(足利市福居町1143)だ。東京駅と同じ赤レンガを使用して1913(大正2)年に建設された貴重な近代建築で、国登録有形文化財。今もトチセンの倉庫として使用されているそう。

乱闘シーンが撮影された赤レンガのトチセン工場(trikehawks/PIXTA)

 ロケ地誘致にも一役買っている建物で、TBS系のTVドラマ『陸王』(2017)では足袋廃工場として、映画『今夜、ロマンス劇場で』(2018)では映画の京映撮影所として使用された。TVドラマ『今日俺』にも度々登場しており、趣ある工場敷地内がスクリーンに映ったら、それは乱闘のゴングを意味する。

 ちなみに、現在のトチセンは化成品フィルムの染色および特殊表面処理加工を事業としているが、この“元・織物工場”は18世紀から織物や染色で栄えた足利市の歴史を象徴している。

市有地に渋谷スクランブル交差点まで

 徳川家康が日光に祀られて以降、京都からの使者が幣帛(へいはく:神前に捧げる物の総称)を奉納するために毎年通った「日光例幣使街道」(にっこうれいへいしかいどう)も通っている足利市。歴史や文化を重んじる一方、古くから往来が盛んだったことから新しい文化にも門戸を開き、かつ非常に舌が肥えている場所ともいわれている。

 福田監督のロケ地マップでオススメ店を見る限り、餃子やステーキ、焼肉にラーメンなど映画人を同市に惹きつけたのは“食”の存在も大きかった様子。また、2019年には市有地に渋谷スクランブル交差点の実物大オープンセットまで作ってしまった。今後もスクリーンで足利の風景を目にする機会はますます増えそうだ。

『今日から俺は!!劇場版』
7月17日全国東宝系にてロードショー
脚本・監督:福田雄一 原作:「今日から俺は!!」西森博之(小学館「少年サンデーコミックス」刊
出演:賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名、橋本環奈、仲野太賀、矢本悠馬、若月佑美ほか
配給:東宝

関連記事