ツイート シェア

「スパイの首都」の入口と出口 映画ロケ地でめぐるドイツ・ベルリン②

 ドイツの首都・ベルリンはヨーロッパを代表する観光都市。ベルリンの壁やシャルロッテンブルク宮殿など長い歴史が築いた観光スポットには、ロンドンとパリにつぐ数の観光客が集まるそう。また、それらの多くは数々の名作映画や小説に登場する重要な舞台でもあります。

アトミック・ブロンド ATOMIC BLONDE

 冷戦末期の東西ベルリンが舞台の 『アトミック・ブロンド』(2017)には、MI6(英国秘密情報部)の女性スパイ、ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)が登場します。任務は極秘情報リストの奪還。MI6ベルリン支局長デヴィッド・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)との共同作戦ですが、彼女にはもうひとつ別の任務がありました。

 それはMI6内のダブルスパイを見つけること。「ベルリンの壁」崩壊直前の混沌とした雰囲気のなか、各国スパイが入り乱れての戦いが繰り広げられます。

 「スパイの首都」とも呼ばれた東西ベルリン。そこで展開するスパイ作品といえば、裏切りや寝返り、密告などが作るウェットなムードが定番でした。本作もリスト奪還&ダブルスパイという「あるある」なストーリーですが、ふんだんに取り入れられた80年代ソングとファッションが現代的なスピード感を強調しています。そこに、クールで腕っ節が強いロレーンのキャラクターが重なると、定番的な古臭さは見事消滅。ポップでタフなニューヒロイン像が浮かび上がります。

 本作で使用されたベルリンのロケ地は多数ありますが、ここではロレーンがベルリン入りする「旧ベルリン・テンペルホーフ国際空港」をご紹介しましょう。西ベルリンは東ベルリン内で壁に囲まれたエリア、いわゆる飛び地。この空港は西ベルリン側となり、多数の映画や小説などに登場しています。歴史は古く、開港は1923年のワイマール共和国時代でした。

ターミナルビル内には建設途中で放置された場所も。このまま完成する日は来ないそう(撮影:goo映画編集部)

 現存するターミナルビルは1941年、ヒトラーによる「世界首都ゲルマニア」構想の一環として建設されたものです。第二次世界大戦後の1948年には、ソ連が仕掛けた「ベルリン封鎖」に対抗すべく、物資空輸作戦「ベルリン大空輸」の舞台になります。

 以後は冷戦を経て2008年に閉鎖され、2010年5月に市民公園としての再出発。滑走路や当時の看板が残る箇所がそのまま開放されました。このため、2010年6月には緊急着陸機の受け入れで一日限りの復活を果たしたことも。

滑走路の上をサイクリング。犬の散歩やバーベキュー、ジョギングなど市民にとっては憩いの場です(撮影:goo映画編集部)

 ロケ地としての協力は本作のほか『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015)など多数。『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』(2014)と『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』(2015)では、ターミナルビルの外観が大胆に使用されました。崩れかかった廃墟としての登場ですが、実際のターミナルビルを装飾しています。

 ターミナルビル内部は見学ツアーでのみ入場可能。チェックインカウンタはもちろん、建設途中のまま放置されたエリアやアメリカ軍が使用していた娯楽室とバスケットコートなど、見ごたえは十分です。

『ハンガー・ゲーム』2作品で廃墟に扮したターミナルビル。なかなかの役者ぶりです(撮影:goo映画編集部)

 そしてもう1本、この空港を語るにおいて欠かせない作品があります。2018年のベルリン国際映画祭パノラマ部門で上映されたドキュメンタリー 『Central Airport THF』(日本未公開)。2015年から空港内に設置されている難民キャンプがテーマです。ドイツと移民の関係を垣間見ることができる作品として話題を呼びました。

 空港としての役目は終えましたが、取り巻く歴史はいまも続いています。

旧ベルリン・テンペルホーフ国際空港 Flughafen Tempelhof WEB
英語ガイドツアー  13:30より約2時間(水・金・土・日)

関連記事