ツイート シェア

アイデアを書けば料金割引も!? 映画監督が尾道に作った宿「クジラ別館」

 “映画の街”広島県尾道市に2019年4月、1日1組限定・1棟貸しのユニークな宿 「クジラ別館」がオープンした。オーナーはCMの演出などを手掛ける広島出身の映画監督・森ガキ侑大氏。「黒澤明監督、小津安二郎監督といった昔の巨匠は旅館にこもって、脚本を書きました。尾道は創造力がかきたてられる映画の街。クリエーターが創作活動などに使ってくれれば」と森ガキ氏は語る。

見晴らしのよい高台に建つ「クジラ別館」(撮影:蔦井孝洋)

映画の街に建つ由緒ある別荘建築「茶園」

 尾道は小津安二郎監督の『東京物語』(1953)、大林宣彦監督の尾道三部作『転校生』(1982)、『時をかける少女』(1983)、『さびしんぼう』(1985)など数多くの映画が製作された映画の街だ。そんな尾道を気に入った森ガキ侑大氏が本気で街を愛し、町おこしのために、もっと尾道を知ってもらうために、クリエーター大歓迎のユニークな宿「クジラ別館」を作った。

静かな夜には暖かなあかりが灯る(撮影:蔦井孝洋)

 JR尾道駅から徒歩約25分。山陽本線沿いを東に歩き、尾道独特の坂を上がり、久保小学校近く。見晴らしのよい高台に建つ築100年以上の日本家屋は、歴史と風格を感じさせる。大正から昭和初期にかけて尾道商人が建てた「茶園」と呼ばれる別荘建築で、呉服商人の奥方が茶を楽しむ場所として使っていた。その文化財級の建物、建具の良さを残しながらリノベーションし、1日1組限定(定員6名)の1棟貸し切り宿に。1階には庭を眺められる縁側付き客室、リビング、トイレ、キッチン、浴室、洗面所がある。


上/庭を望む縁側付き1階リビング 下/お風呂もゆったり(撮影:蔦井孝洋)

 その他にも1間あり、美しい瀬戸内の海を眺めることができる。Wi-Fiも完備され、シーズンを通じて必要なアメニティがひと通り揃っている。

仕事場として使うのにぴったりな2階

関連記事