ツイート シェア

【日本の映画祭】『カメ止め』監督も輩出! SKIPシティ国際Dシネマ映画祭が楽しい理由とは

 第16回「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が、2019年7月13日(土)から埼玉県川口市で開催されます。東京駅から川口駅までJR京浜東北線で約30分。そこから映画祭専用無料直行バスで20分とやや遠い印象ですが、それでも行かないと、知らないと、なんとももったいない映画祭なのでお伝えしたいわけです。その4つの理由をお届けしましょう!

2018年の映画祭クロージングセレモニーより(撮影:Avanti Press)

① 「これぞ!」と思える映画監督を発掘できる

 映画祭を大きく3つに分けると、映画ファンのための映画そのものを楽しむタイプ、映画業界人によって業界人同士が高め合うことを目的とするタイプ、若手映画監督の発掘・育成を目的とするタイプがあります。この「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は3つめの若手監督の発掘・育成を核にした映画祭。これまでも国内外の多くの映画監督を輩出してきました。

 最近では、第16回のオープニング上映作品 『イソップの思うツボ』を撮った、浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督。みんな同映画祭で受賞したり、スカラシップ的な形で映画祭関連企画の作品を撮ったりと活躍している。

第16回のオープニング上映作品『イソップの思うツボ』 (c)2019 埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

 特に上田監督は、去年、大ヒットした 『カメラを止めるな!』で話題となった。同映画祭短編コンペティション部門に、2012年『恋する小説家』で、2016年『テイク8』で参加。2016年には奨励賞を受賞したが、アニメーション部門に『こんぷれっくす×コンプレックス』で参加していた奥さんのふくだみゆき監督が最優秀作品賞を受賞し、やや影が薄くなったことが悔しかった模様。「妻がアニメの最優秀賞を取ったので僕もなにか取らないと、と思っていました。もらえて良かったです(笑)。でも同時にグランプリではない悔しさがあります。映画祭は喜びと悔しさをもらうところ。次は最高賞と思ってがんばります」と話しており、果たして翌年、『カメ止め!』を大成功させたのだった。

 そのほか、『孤狼の血』(2018)、『止められるか、俺たちを』(2018)、『凪待ち』(2019)の白石和彌監督、『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)、『長いお別れ』(2019)、『浅田家』(2020公開予定)の中野量太監督、『東京ウィンドオーケストラ』(2017)、『ピンカートンに会いにいく』(2018)の坂下雄一郎監督、昨年国内コンペティション(長編部門)優秀作品賞・観客賞をW受賞した『岬の兄妹』(2018)の片山慎三監督なども活躍している。

特集「飛翔する監督たち」のトークショーに登壇した白石和彌監督、中野量太監督、坂下雄一郎監督(撮影:Avanti Press)

 映画祭で出会う時点では、誰もが海のものでも、山のものでもないわけだが、お気に入りの作品を見つけても、その監督に直接感想を伝えたり、疑問を聞けたりする機会なんてそうそうあるものじゃない。映画祭では上映の後に質疑応答の時間が用意されているので、その時間を利用して、どんどん質問してみよう。

関連記事