ツイート シェア

フレディが愛した美術館は日本映画界を支えるロケ地! 栃木県足利市の旅

ニノの映画も!? 日本映画界を支えるロケ地として

 もっとも地元の方に栗田美術館について尋ねると、「『バンクーバーの朝日』(2014)のオープンセットが足利市寺岡町に建てられた時、栗田美術館がエキストラの集合場所だったんだよ」とか、「ニノ(二宮和也)の『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』(2017)の時には、駐車場にセットが組まれてね」と日本映画の撮影秘話がどんどん出てきます。調べると、スクリーンでは見えないところで栗田美術館が協力していることが分かりました。

駐車場に建てられた『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』のオープンセット(写真提供:足利市映像のまち推進課)

 その最たる作品が、阪本順治監督 『団地』(2016)です。同作は大阪近郊の団地が舞台でしたが、実際に外観の撮影が行われたのは足利市の市営錦町団地。そして室内シーンの撮影は、栗田美術館の多目的ホール「世界陶磁館」内にセットを組んで行われました。スタジオ代わりに使用したのですね。大空間を持つ世界陶磁館は、『バンクーバーの朝日』の時には俳優陣の待機場所にも使用されたそうです。

映画『団地』の室内セットが組まれ、『バンクーバーの朝日』の俳優陣の控え室にも活用された世界陶磁館(撮影:中山治美)

左/映画『団地』のセット。一部建具は外観の撮影をした錦町団地から借りてきたという 右/表から見ればこの通り団地の玄関!(ともに写真提供:足利市映像のまち推進課)

 そして間もなく公開の大作 『アルキメデスの大戦』(7月26日公開)のオープンセットが組まれたのも、栗田美術館の駐車場。まさに日本映画界の縁の下の力持ち。栗田俊英館長にお話をうかがったところ、「市が“映像のまちあしかが”として取り組んでいるから協力しただけです」と、当然という答えが返ってきました。なんとも頼もしい。

栗田美術館 WEB
住所:栃木県足利市駒場町1542
電話番号:0284-91-1026
休館日:月(祝日の場合は翌日)・年末年始(12月28日~1月2日)
開館時間:9:30~17:00

美しき大藤! 花があふれる世界的観光施設も

 “映像のまちあしかが”とは、和泉聡現市長が2013年に足利市長に就任した際に地域活性のために打ち出した政策の一つです。担当しているのは市の 「映像のまち推進課」。ロケ地誘致の実績は目覚ましく、2018年度の映画・ドラマなど手がけた作品は55本で、経済効果は約8234万円(いずれも映像のまち推進課調べ)。ほとんどのシーンが足利で撮影されたドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系・2018)では、聖地(ロケ地)巡りを楽しむ人々を呼び込むという、間接的な経済効果もあったのだとか。人口14万5068人(2019年5月末現在)を考慮したら、立派な数字です。

 筆者も、齊藤工監督『blank13』(2017)の撮影見学で梁田町自治会館を訪問したことがあります。同時期、足利で撮影が行われていたのが行われていたのが、菅田将暉主演の『あゝ、荒野』(2017)。それを聴いた時は、「いま、この瞬間に齊藤工、高橋一生、菅田将暉が足利にいるのかっ!」と密かに興奮したものです。

 この官民一体となって映像のまち構想に取り組んでいる様子は、綾瀬はるか主演『今夜、ロマンス劇場で』(2018)を観れば一目瞭然。同作は足利がメインロケ地で、中でも印象深いのは 「あしかがフラワーパーク」での、ライトアップされた大藤をバックに綾瀬と坂口健太郎がデートするシーン。

あしかがフラワーパークの白藤。見ごろは毎年5月上旬頃(撮影:中山治美)

 同パークといえば、2014年にアメリカの大手ニュースチャンネルCNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10カ所」に選ばれたこともあり、年間来場者数が100万人を超える市内有数の観光施設。特に大藤が見ごろを迎える春の時期は営業時間を延長し、ライトアップも施されて大盛況。そんな超多忙の最中、撮影隊を快く受け入れるなんて映画関係者なら感涙モノです。

左/藤だけではなく、1年を通して花が咲き誇るあしかがフラワーパーク。しかも入場料金は、その日の花の咲き具合によって変動するのが良心的 右/園内では花を使った飲食メニューもある。こちらはコールド・ストーン・アイスとコラボレーションした藤をイメージしたアイス「フジクリーマリー」(撮影:中山治美)

あしかがフラワーパーク WEB
住所:栃木県足利市迫間町607
電話番号:0284-91-4939
定休日:なし(2月第3水曜と木曜・12月31日は休園)
開館時間:9:00~18:00(通常期)10:00~17:00(夏季・冬季)

 2019年の公開作だけでも、月川翔監督 『君は月夜に光り輝く』、中野量太監督 『長いお別れ』、塩田明彦監督 『さよならくちびる』、矢口史靖監督 『ダンスウィズミー』などが足利で撮影を敢行。近々、映画化が決定した『今日から俺は!!』チームも再び足利に戻ってくるはずです。ロケ地巡りどころか、ひょっこり撮影隊に出くわしてしまうかもしれない足利。映画ファンには堪らない町ですなぁ。

関連記事