ツイート シェア

絶望的な片恋を描いて大ヒット! 『愛がなんだ』ロケ地を歩く①

 日本映画インディーズの佳作を上映することで知られる映画館「新宿テアトル」の客層が、今泉力哉監督『愛がなんだ』(2019年4月19日公開)によって一変した。しかもチケットは毎回完売、立ち見チケットもソールドアウト。そうさせるのは、10代、20代の二人組おしゃれ女子で、平日の回も同様。恐るべし、『愛がなんだ』!

『愛がなんだ』テルコ(岸井ゆきの)とマモル(成田凌)の物語がおしゃれ女子に響いた理由とは (c)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

 主演は、岸井ゆきの、成田凌。映画館のおしゃれ女子にうかがうと、映画を見に来るきっかけに“俳優”はなかったという。「成田凌、最近メジャーだし、岸井ゆきの、かわいいけど」と。でも、展示された場面スチールの前に立って友人と記念撮影し合うのは、どうも滅多に遭遇しない、自分の生活とかなり至近距離にあると感じられる映画に出合ったことへの記念写真であるらしい。

新宿テアトル名物の映画の場面写真展示(撮影:Avanti Press)

 『愛がなんだ』は角田光代原作のある種の恋愛映画。マモちゃん(マモル)への絶望的な片思いを続行中のヒロイン、テルコと、彼女の周囲にある同じようにままならない恋や社会的状況を描いている。なぜこの映画がこんなにヒットしているのか? 映画が撮影されたロケ地を歩きながら、考えてみることにした。

マモちゃんの自宅周辺 実は豪徳寺

 まずは、何度も登場するマモちゃんのアパート近く。映画の中でマモちゃんは、タクシーのドライバーに「世田谷代田」(小田急小田原線)と言っているが、ロケーション撮影が行われたのは2駅離れた「豪徳寺」だ。ともに東京都世田谷区に位置している。マモちゃんはきっと寂しがりやなのだろう。だから、テルコをご飯に誘うし、彼女ではないけどエッチもする。テルコが拒絶しないから、この関係は肯定されていると思っている。でも彼女じゃないから、自分のテリトリーに深く踏み込まれるのは嫌。バスルームをカビキラーで磨かれたり、ソックス入れを整頓されたり……。

『愛がなんだ』(c)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

 マモルが部屋で、テルコとそんなこんなの攻防を繰り返す前後に登場するのが、この「豪徳寺商店街」の風景。まず、マモルが、部屋にお泊りしたテルコと焼き芋を買い、半分こして食べる豪徳寺の有名店 「焼き芋専門店ふじ」から。二人が食べたのは、ねっとりクリームのように甘い、一番人気の安納芋。食してみるとまるでお菓子のように滑らかな舌ざわり。冬季は、熟して蜜があふれ出るのだそう。

焼き芋専門店ふじと代表の上原浩史さん(撮影:Avanti Press)

『愛がなんだ』二人が食べたのは一番人気の安納芋 (c)2019映画「愛がなんだ」製作委員会(撮影:Avanti Press)

 次は「ホームショップうわぼ」(世田谷区豪徳寺1-23-24)。テルコは会社をクビになった日に、ここで二人用の土鍋を購入。そのままマモルの部屋に帰宅して、前述のソックス入れの整理に取り掛かるという流れ。実はこちらのほうが豪徳寺駅の近く、「焼き芋専門店ふじ」への道すがらにある。いろいろな日用品が手ごろな価格で揃っていて、一度入ると今買わなくてもいいものまで購入したくなってしまう、素敵なお店だ。

「ホームショップうわぼ」の外観はどこか懐かしい(撮影:Avanti Press)

 二人がスーパーの袋を手に線路沿いを歩く、幸せショットも豪徳寺。「焼き芋専門店ふじ」を通り越した先の東急世田谷線脇で撮影された。テルコが、思い切り“幸せ”と“痛み”を味わうこの町は、若いファミリーが多く、取材当日もバギーカーを押すご夫婦にたくさん遭遇しました。今泉監督が、世田谷代田ではなく豪徳寺をロケ地に選んだのは、物理的な事情はありましょうが、テルコがうっすら夢見る“結婚”を映画の下地に敷いておきたい。そういう狙いがあったのでは、と感じた。

『愛がなんだ』東急世田谷線脇を歩くふたり (c)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

関連記事