ツイート シェア

国立の精神科病棟が初のロケ地に 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』の現場を行く

 落語家としての長年の功績が認められ、大衆芸能部門で2018年度芸術選奨の文部科学大臣賞を受賞した笑福亭鶴瓶。役者としても絶好調。作家・帚木蓬生原作の 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』(平山秀幸監督、11月公開)で主演を務めます。しかも精神科病院を舞台にした本作を、実際の国立の精神科病棟を使用して撮影するというじゃないですか。調べたらそこは、元陸軍の結核治療研究機関だったという歴史が! この機会を逃してはなるまいと、長野県小諸市に向かいました。

入院患者として出会い、親交を深めていく(写真左から)秀丸(笑福亭鶴瓶)、チュウさん(綾野剛)、由紀(小松菜奈)(c)「閉鎖病棟」製作委員会

真田幸村、浅間山……いざ「ろくもん」に乗って小諸へ!

 1月中旬。東京から北陸新幹線で軽井沢駅まで行き、そこから「しなの鉄道」に乗り換えて小諸へ。ここはせっかくなので、長野県上田を舞台にした細田守監督『サマーウォーズ』(2009)の息吹を感じられる、戦国武将・真田幸村の甲冑の色や家紋がデザインされた観光列車 「ろくもん」で参りましょう。

小諸へは、しなの鉄道が誇る観光列車「ろくもん」でGO(撮影:中山治美)

 沿線には冬の澄んだ沿線には冬の澄んだ空気でくっきりとした姿を表している浅間山が見えます。その名を聞くと思い出すのは、1972年に起きたあさま山荘事件。『突入せよ!「あさま山荘」事件』(2002)や『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』(2008)など映画にもなりました。

「ろくもん」からの浅間山(撮影:中山治美)

 「ろくもん」車内を探検していたら、あっという間に小諸駅。駅舎と駅前のロータリーは整備され、小諸を舞台にしたオリジナルテレビアニメーションの 「あの夏で待ってる」(2012)のキャラクター看板がお出迎えしてくれました。

小諸はアニメ「あの夏で待ってる」の舞台。8ミリカメラで自主映画を撮る高校生たちの青春物語(撮影:中山治美)

関連記事