ツイート シェア

『るろうに剣心』『天地明察』時代劇ロケ地の定番・三井寺を散策

 春は桜、秋は紅葉。四季折々の風情を楽しめる 「三井寺」の正式名称は「長等山園城寺」(おんじょうじ)。天台寺門宗の総本山で、平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚によって天台別院として中興された古刹です。

紅葉の季節も美しい三井寺(撮影:Avanti Press)

 物語の舞台としてもたびたび登場し、古くは「今昔物語集」で、江戸時代後期には上田秋成の「雨月物語」の一篇「夢応の鯉魚」で、平成では巡査がロシア皇太子を襲撃した明治期の大津事件の謎に迫る富岡多恵子著「湖の南―大津事件異聞」のなかで、三井寺の風景を読むことができます。また三井寺の晩鐘は、琵琶湖岸を代表する景勝地として「近江八景」に選ばれています。風光明媚、かつ物語に富んだ名刹というわけです。

 行ってみて驚いたのは、物語の舞台という意味では追随を許さないくらい映画やドラマのロケを受け入れており、多くの時代劇がここで撮影されていることです。しかも撮影された場所には、その映画やドラマの簡単なストーリーと、撮影時のエピソードが書かれた札が建てられており、見学しやすいことこの上なく。それでは早速、三井寺で撮られた代表的な時代劇とそのロケ地を見て行きましょう。

『利休にたずねよ』が撮影された金堂

 まずは、国宝・金堂から。ここでは『利休にたずねよ』(2013)の北野大茶会のシーンが撮影されました。利休役の市川海老蔵、豊臣秀吉役の大森南朋、石田三成役の福士誠治らが約200人余りのエキストラさんとともに、紅葉のなかで撮影されたとのこと。

金堂(左)と近江八景に描かれる鐘楼(撮影:Avanti Press)

 現在の金堂は、北政所からの寄進によって再建された、安土桃山時代を代表する建物なんだそうです。なぜお堂が無くなったかというと、豊臣秀吉の怒りに触れて、境内堂塔を解体、所領を没収される事件が起きたからなのでした。処分は彼の死の前日まで解かれなかったそうですが、正室である北政所は秀吉の死後、再建に乗り出したのですね。

『天地明察』で岡田准一が走り抜けた村雲橋

 次は金堂への出入り口でもある村雲橋で撮影された『天地明察』(2012)。岡田准一演じる天文歴学者・渋川春海が朝霧のなかを走るシーンが撮影されたそうです。

岡田君はいつのまにか時代劇が最も似合う俳優になりましたね(撮影:Avanti Press)

 村雲橋は、三井寺の開祖・智証大師が渡っている時に、かつて修行した唐の青龍寺が燃えているのを察知し、真言を唱えて橋の上から水をまき、火を消し止めたと言われている場所です。取材時は私も、岡田君よろしく駆け抜けてしまいましたが、次は遠くの国の事象まで感じることができるように、謙虚な気持ちで森羅万象に思いを馳せてみたいと思います。

関連記事