ツイート シェア

『ラプラスの魔女』は温泉映画!? 山形と福島の温泉地をめぐる

JR会津若松駅前のレトロな食堂にも

 向瀧のある東山温泉は、JR会津若松駅からタクシーや路線バスを使って約20分。駅近の名湯として知られています。そして駅前にも『ラプラスの魔女』の撮影が行われたお店が。創業120年のバナーを掲げる「マルモ食堂」(福島県会津若松市白虎町229)です。

夕暮れが似合いすぎる! 創業120年の「マルモ食堂」(撮影:Avanti Press)

 ここで青江教授は、とろろ蕎麦をいただきながら、山に見立てたざる蕎麦に、山芋を流して地形のミニ実験を試行。大変に研究熱心な青江教授ですが、それを中岡刑事(玉木宏)に見とがめられ、照れくさそうに食べる姿はキュートです。ただし、実際のメニューにはとろろ蕎麦は見当たりません。代わりに、土地の名を冠した会津ラーメンが気になるところですね。


上/青江教授と中岡刑事は右奥のテーブルに 下/店頭のメニューにもとろろ蕎麦はナシ(撮影:Avanti Press)

 会津若松は、NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013)により、再び多くの観光客を集めています。また、1868年の戊辰戦争時に、会津藩の少年たちで組織された白虎隊も、会津若松出身です。記念館なども訪れたいですね。温泉も観光も一級という場所は、そう多くはないのではないでしょうか。

会津若松駅には白虎隊の像も(撮影:Avanti Press)

関連記事