ツイート シェア

ミアとセブの足跡を追う! 『ラ・ラ・ランド』ロケ地でめぐるロサンゼルス①

 どこまでも広がる青い空と海、ハリウッド映画で輝くスターたち、巨大ビルボードから視線を放つミュージシャン。世界中から夢追い人が集まるロサンゼルス(LA)には、そんな華やかなイメージがありますが、同時にその何万倍もの涙と挫折と葛藤が渦巻いている街でもあります。

 その光も闇もひっくるめて、当時32歳のデミアン・チャゼル監督がLA愛を込めたのが、ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(2016)。女優志望のミア(エマ・ストーン)と、ジャズ・レストラン経営を夢見るジャズ・ピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴスリング)の、恋と夢と挫折と成功を描いた物語です。今回は、LAで日々繰り広げられている無数のドラマを代表するような2人の足跡を追いながら、同作のロケ地をご紹介します。

運命のフリーウェイ105号線と110号線の合流地点

 渋滞にハマった人々が、車から飛び出して踊りだす――。そんな歴史に残る6分におよぶオープニングが撮影されたのは、ロサンゼルス国際空港からダウンタウンへ向かうフリーウェイ105号と110号線の合流地点。

『ラ・ラ・ランド』の一場面。LA空港からダウンタウンへ向かうフリーウェイ105号と110号線の合流地点 (C) picture alliance / Photoshot

 海外や他州からLAに降り立った人々の多くが通過し、視界と期待が一気に広がる地点でもあります。一方で、住人にとっては渋滞が悩ましく、クラクションや苛立つ人々の顔が思い浮かぶ場所(ミアとセブもそんな苛立ちのなかで初対面)。でも、交通渋滞を珠玉のダンスシーンに仕立ててくれた同作のおかげで、いまや渋滞に陥っても、同シーンのナンバー「Another Day of Sun」(アナザー・デイ・オブ・サン)を脳内で奏でれば、なんだか気持ちが明るくなるのです。

ミアとセブのデートスポット「グランドセントラル・マーケット」

 とはいえ、できれば避けたい(笑)渋滞を抜けて、最初に向かうのはダウンタウン。1917年からLAの名所となっている 「Grand Central Market」(グランドセントラル・マーケット)には、アメリカ、中東、中華、イタリア、ベーカリー、カフェ、日本のお弁当やラーメンを売るスタンドなど、多国籍&多ジャンル料理が揃っています。

「グランドセントラル・マーケット」はダウンタウンのど真ん中に(撮影:町田雪)

 そのほぼ中央に位置するのが、ミアとセブがデート中に立ち寄るププーサ店 「Sarita’s Pupuseria」(サリタス・ププーセリア)。ちゃんと、『ラ・ラ・ランド』のポスターも貼ってあります。2人が座ったのは角の席です。

ミアとセブがデートで訪れる「サリタス・ププーセリア」(撮影:町田雪)

 ププーサはエル・サルバドルの名物料理で、とうもろこしや小麦粉でできた柔らかいトルティーヤに、肉や豆、チーズなどを挟んで焼いたおやきのようなもの。キャベツを主とした千切り野菜のピクルスと一緒にいただきます。ピクルス自体に唐辛子やハラペーニョが入っているため、辛味と酸味があり、シャキシャキとした触感が、アツアツのププーサによく合います。このププーサやメキシコ料理をはじめ、LAはおいしい南米料理が充実しているので、ぜひ、いろいろと試してみてくださいね。

千切り野菜のピクルスを添えていただくププーサ。こちらはビーンズ&チーズ入り(撮影:町田雪)

 朝食なら、ププーサ1枚でお腹が満たされるものの、同マーケットで最も行列ができる卵専門スタンド 「eggslut」(エッグスラット)も素通りできず。卵を主としたバーガーやサンドイッチがそろうメニューのなかでも、名物となっているのがコチラの「スラット」です。ガラスの瓶に詰まったピュレー状のマッシュポテトの上に、半熟卵とアサツキが乗ったもので、薄いバゲットをつけて食べます。ライトな印象ですが、炭水化物もたんぱく質もしっかりとれる満足の一品です。

左/行列ができる「エッグスラット」 右/名物メニューのスラット(撮影:町田雪)

関連記事