ツイート シェア

【個性的すぎる映画館】上映プログラムより更に大切な原点とは? 復活18年の名画座「新文芸坐」

 池袋駅東口を出て徒歩約3分、大通りを少し外れた雑然とした繁華街の中においてひときわ目を引くガラス張りのビルの3階に、名画座 「新文芸坐」はある。かつてこの地にあった名画座「文芸坐」は、1997年に老朽化などにより閉館を余儀なくされたが、2000年にマルハンが跡地を「マルハン池袋ビル」として再建、その3階に新文芸坐をオープンした。

新文芸坐の入り口(撮影:久田絢子)

個性的なプログラムの決め方

 ビルの地下1階から地上2階まではパチンコ店。午前10時より少し前には、パチンコ店のオープンを待つ客と10時開映の作品を待つ客とが入り乱れて、ビルの前はちょっとした人だかりができていた。新文芸坐の入場整理券を手に待っていた人は、学生風の若者もいれば60代以上とおぼしき人もいたが、いずれもほぼ男性ばかり。そのことを新文芸坐の支配人・矢田庸一郎さんに伝えると、「お客様は男性の方、しかも私よりも上の世代の方が圧倒的ですね」と教えてくれた。旧文芸坐から新文芸坐に移ってきたスタッフは4名、現在も全員がここで勤務している。矢田さんもそのうちの1人だ。

新文芸坐の支配人・矢田庸一郎さん(撮影:久田絢子)

 マニアックでありながらも魅力的な作品が揃う新文芸坐の上映プログラム。取材に訪れた日は、「ジェラール・フィリップ 銀幕に輝く永遠の美貌」と銘打った特集上映が行われていた。1940年代~50年代のフランス映画を集めたプログラムで、よほど映画好きでないとなかなかこの時代の作品まで知っている人はいないだろう。

1階の地上エントランスには上映中作品の看板が出ている(撮影:久田絢子)

 これらのプログラムは、主に矢田さんともう1名のスタッフとで話し合って決めているのだという。決める際のポイントはあるのだろうか?

 「同じ俳優の出演作、あるいは同じ監督の作品でプログラムを組む、というのが一番わかりやすいですね。一般公開されている新作映画については、宣伝も様々されていますから皆さん知る機会もあると思いますが、同じ俳優、あるいは同じ監督の旧作は知らないという方も多くいらっしゃいます。そこで『この俳優、この監督だったらこんな映画もありますよ』と提示するのが名画座の役割の一つです。組み合わせによっては、それぞれ単独の面白さというだけじゃなくて、多面体になるというか重層的になるという効果があると思います」

関連記事