ツイート シェア

名作と名曲に包まれて 老舗ジャズ喫茶「映画館」が刻む喫茶店文化

 レコード盤が高価だった時代、喫茶店でレコードを聴くジャズ喫茶文化が盛んだった。店内では音を立てないよう細心の注意を払い、注文の際もメニューを指差すだけ。私語をすれば「おしゃべりはしないでください」と書かれた紙が出てくることもあったという。そんな昭和の雰囲気を色濃く残した老舗ジャズ喫茶が「映画館」だ。ちなみに、私語はOKなのでご安心を。

隠れ家的ムードも漂う(撮影:魚住溶)

 都営地下鉄三田線の白山駅、谷根千エリアとの境界付近。ジャズ喫茶「映画館」の目印はシネマ調の看板だ。現在は東京大学などの学生でにぎわうエリアだが、樋口一葉「にごりえ」の舞台となった白山三業地(花街)の面影も残る。南西には 小石川植物園もあり、カルチャーの香りを求めるぶらり旅にはもってこいだろう。

フィルムのシルエットとネコ。お好きな方にはたまらないはず(撮影:魚住溶)

オーディオマニアもうわさする音響装置

 店内に入ると、巨大スピーカーが目に飛び込んでくる。オーディオマニアの間で「都内随一」とうわさされる音響装置は、店主の吉田昌弘さんみずからが設置。スピーカーを中心とした空間に演奏するJAZZメンが浮かび上がることを夢想したという。複数のスピーカー組み合すことで音域が補強され、包み込むような重厚なサウンドが成立した。

店内に鎮座する巨大なスピーカー(撮影:魚住溶)

 ホーン型スピーカーのホーン部分を自分で設計し、半年ほどかけて制作。北海道のタモという木を買って型紙を作り、ジグソーで切り出してから「成形しました」と吉田さん。吉田さんが目指すものは「なるべく生音に近く聴き疲れしない」サウンドだ。このため、ホーンだけでなく真空管アンプ(音を増幅する装置)をはじめ、プレイヤーなどほとんどが吉田さんの自作だ。真空管アンプは半導体アンプに比べ、柔らかく温かみがある「生に近い音」になるそう。

自作の真空管アンプ。もちろん修理も自分で(撮影:魚住溶)

 吉田さんはこの素晴らしい装置でフリー・ジャズを聴く。

 「普段はジョン・コルトレーンやエリック・ドルフィーなどを聴くことが多いです。1960年代のフリー・ジャズには、明日が想像できるような、前へ進んでいくような感じがありました」

 「ちょうど先日手に入れたんです」と、世の中になんと150枚しかないセロニアス・モンクの未発表ライブ音源の白ワックス盤LP「Monk」を披露していただいた。

セロニアス・モンクの未発表盤(撮影:魚住溶)

関連記事