ツイート シェア

「ゴジラ・フェス」に野外上映も!東京国際映画祭の関連イベントで東京を遊ぼう

 日本最大規模の映画祭といえば「東京国際映画祭」(TIFF)。2018年の開催は10月25日(木)~11月3日(土・祝)です。上映作品のチケット争奪戦はすでに一部終了していますが、映画鑑賞だけがTIFFではありません。メイン会場の六本木などには、気軽に参加できる関連イベントがたっぷり!

日比谷会場ではレッドカーペット中継や屋外上映!

 メイン会場は例年通り東京・六本木ですが、2018年は新たに日比谷会場がお目見え。 東京ミッドタウン日比谷 の日比谷ステップ広場に、高画質&高音質の野外シアターが設置されます。まずは10月25日(木)の映画祭オープニング。六本木ヒルズアリーナで開催されるレッドカーペットの中継で、スターのオーラをご堪能ください。

 翌日26日~11月2日までは 「東京国際映画祭×11月3日はビデオの日 コラボイベント “映像 百花繚乱”上映会」として話題作の野外上映も。『グレイテスト・ショーマン』『ミッキーマウス!クリスマス&ハロウィーンスペシャル』『スパイダーマン:ホームカミング』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』などなど、大人から子どもまで楽しめる豪華なラインナップです。

東京ミッドタウン日比谷の日比谷会場はもちろん入場無料

 ゴジラの誕生日である11月3日は 「ゴジラ・フェス2018」を開催。日比谷ステップ広場のほか、日比谷ゴジラスクエアなどが会場になります。

ゴジラの誕生日、今年は日比谷で盛大に!

 「ゴジラ・フェス2018」公式サイトには東宝ツインタワービル(東京都千代田区有楽町1-5-2)で販売されるグッズもお目見え。また、飲食ブースは株式会社ぐるなびのプロデュースです。

六本木ヒルズでも野外上映とオールナイト上映が

 六本木ヒルズアリーナでも10月26日~11月3日まで野外上映 「Cinema Athletic 31」が行われます。2018年は「スポーツ」をテーマに、『クール・ランニング』『ビッグウェンズデー』『がんばれ!ベアーズ』『ピンポン』などの名作が登場します。

六本木ヒルズアリーナのスクリーンも本格的

 また、TOHOシネマズ六本木ヒルズ恒例のオールナイト上映 「ミッドナイト・フィルム・フェス!」は10月26日に。

© Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

 『ターミネーター』『エルム街の悪夢』『ロボコップ』が登場する「金曜洋画劇場 in ’80s」(10月26日 23:30~)や「GOAL! GOAL! GOAL! -フットボール映画ベストセレクション-」(10月26日 22:00~)など、10月最後の週末を映画漬けにしたいならぜひご注目を。

映画祭が食やファッションとコラボ!

 映画祭メイン会場の六本木では、映画祭とファッション、食などがコラボする各種イベント 「TIFFプラス」が実施されます。

① FOOD TRAVEL 〜日本の「観光」×「食」を世界へ笑顔の連鎖!〜(10月26日~11月3日:六本木ヒルズアリーナ)
日本各地の「観光」と「食」を発信。やきとん「筑前屋」や名古屋名物「赤から」などがキッチンカーで登場。

野外上映と一緒に楽しみたいグルメがずらり

② FASHION GALA 〜BEAMS と GQ JAPAN で創る大胆素敵なファッションショー(10月26日:六本木ヒルズアリーナ)WEB
映画祭のレッドカーペットがファッションショーのランウェイに! 国内外ブランドが登場するショーなどは雑誌「GQ JAPAN」のプロデュース。

東京の「今」をファッションからも体感! © JFW

③ JAMLAB. Presents JAPAN ANIME MUSIC SHOWCASE 2018(10月28日:六本木ヒルズアリーナ)WEB
特設ステージでのアニソンコンサート。出演はKiRaRe、JAM Project、BACK-ON、halca。(開場17:00&開演17:30 優先エリア入場は別途料金が必要)

④ 新作公開記念!!「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」上映会 & THUNDER STORM SESSION DJ Party!!! Presented by DJ KOO(10月30日:EXシアター六本木)WEB
「アニメフィルムフェスティバル東京」と連動。キング・オブ・プリズム最新作の劇場公開を記念した応援上映。

⑤ 高畑勲監督特別上映会
こちらも「アニメフィルムフェスティバル東京」と連携。高畑勲氏の初監督作品「太陽の王子 ホルスの大冒険」WEB と、最後の監督作品「かぐや姫の物語」WEB の上映。

⑥ 「ドラゴンボール ファイターズ」“超(スーパー)”マッチ(11月2日:六本木ヒルズアリーナ)WEB
世界最強のプレイヤーたちが格闘ゲーム「ドラゴンボール ファイターズ」(発売元:株式会社バンダイナムコエンターテインメント)で戦う。

© バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション © BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

⑦ TOKYO MEET UP SPORTS 2018(11月3日:六本木ヒルズアリーナ)WEB
野球のVR・スポーツクライミング・3人制バスケットボールの体験ブースやトークショー、エキジビションマッチなど。ゲストには岩村明憲さん(野球元日本代表)らを予定。参加無料。

2020年の東京五輪に向けた準備もばっちり!

東京国際映画祭 Tokyo International Film Festival WEB
国際映画製作者連盟が公認する日本で唯一の国際映画祭。1985年にスタートし、映画クリエイターの新たな才能の発見と育成に取り組む。現在はアジア最大級の国際映画祭として、2018年度の「コンペティション」部門には109の国と地域から1,829本の応募を集めた。過去のグランプリ受賞者には後に『アーティスト』(2011)で米アカデミー賞5部門を受賞したミシェル・アザナヴィシウス監督(第19回)、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2015)と『レヴェナント: 蘇えりし者』(2016)で2年連続アカデミー賞監督賞を受賞したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督(第13回)らがいる。


関連記事