高さ1kmの超高層ビルが爆発炎上!?ロック様と香港の“初共演”は「無茶のハーモニー」~『スカイスクレーパー』

ツイート シェア

 初主演作から17年、2017年にはハリウッド殿堂入りを果たした「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン。米誌「世界で最も稼ぐ著名人ランキング」ではここ数年の常連だ。人気を得た理由はいくつもあるだろう。鍛え上げられた肉体、正義感あふれる精悍な顔つき、そして漂う人情派オーラ……けれどなにより大きいものは、無茶が許される存在感そのものではないだろうか。「ロック様なら大丈夫」「ロック様ならやってくれる」というお約束の雰囲気。そんな彼とアジア随一の「無茶シティ」香港が初共演とくれば、期待しかない。本作『スカイスクレーパー』(2018)は「ロック様が香港の無茶な超高層ビルで無茶な救出劇に挑む」作品だ。

『スカイスクレーパー』9月21日全国公開 (c) Universal Pictures

 ロック様演じるウィル・ソーヤーは元FBI人質救出部隊のリーダー。現在は危機管理コンサルタントとして、香港の超高層ビル「パール」のセキュリティ監査を請け負っている。最終報告を終えて任務完了となるはずが、突然「パール」は爆発&炎上。家族が上層階に取り残されるなか、ウィルは爆破テロ容疑者になってしまう。そして真犯人である武装集団に占拠される「パール」。追われる身となったウィルは燃え盛る「パール」への潜入を試みる。妻のサラ(ネーヴ・キャンベル)とふたりの子どもは無事なのか。また「パール」が狙われた真の理由とは。

『スカイスクレーパー』9月21日全国公開 (c) Universal Pictures

 これまで多数の映画で無茶をやらかしてきたドウェインと香港。両者がタッグを組んだ本作は、ドウェインの無茶に真正面からフォーカスを当てている。その舞台は、存在自体が無茶な超高層ビル「パール」だ。香港・ビクトリア湾に地上1066メートル&240階建てビルとは、遠景ショットからして無茶の二文字しか思い浮かばない。だがこの設定、香港以外に成立する場所はあるのだろうか。社会情勢的に「爆発炎上OK」な場所はそう多くないだろう。ここにも流れる「香港ならありそう」「香港なら爆発しそう」というお約束の空気は、ジャッキー・チェンたち先人が作り上げた財産でもある。

『スカイスクレーパー』9月21日全国公開 (c) Universal Pictures

 両者の無茶は融合するやいなや整然と展開し始める。工事用クレーンから燃え盛るビルに飛び移り、肩に刺さったぶっとい鉄骨を引き抜き、映画によくある透明の酒で消毒し、ガムテープを巻く。ビル内部を逃げ回る妻と子どもたちはいいタイミングではぐれ、いいタイミングで通路が崩れ、いいタイミングで現れたウィルに助けられる。タワーを題材としたアクション映画としては、やや独創性に欠けるとする見方もあるだろう。だが、真の醍醐味はこの美しく整然と展開する流れそのものだ。さすがレジェンダリー・ピクチャーズ、まさに無茶のハーモニーである。

 ウィルは妻と息子を先に逃がす(エレベーターのロープをたたき切って落下させる無茶)が、娘は武装集団の人質にされてしまう。そして武装集団が突きつける無茶な要求を前に絶望顔になるウィル。「いままでも散々無茶してきたんだ、問題ない!」と励ましたくなる。彼自身も気づいたのか、開き直って要求に応じる。ブンブン回る巨大な風力タービン、その裏側にある電源盤へ向かうチャレンジだ。「そんな場所になぜ作った」というツッコミは的外れだろう。無茶なものを無茶な場所に作らなくてどうする。そもそも「パール」が無茶なのだから。

『スカイスクレーパー』9月21日全国公開 (c) Universal Pictures

 この調子で無茶のドミノ倒しが展開する一方、「パール」が襲われた謎は徐々に解明されていく。謎解明の一助となるのが「スタイリッシュでハイテクな香港警察」だ。状況を分析するハイテク機器満載のトラック、先に脱出したウィルの妻と合流するイケメン警官(しかも冷静沈着)。香港映画の基本設定がいまやワールドスタンダードとは胸が熱くなる。また、作品の大半を占めるビル内部はスタジオ撮影とCGだが、チムサーチョイからセントラルへのスターフェリーは一部実際の映像が使われた。現地ニュース画面の忠実な再現ぶり、火災で集まる野次馬のリアクションもかなり香港で、中華圏市場を細かくケアした結果だと思われる。もちろん、赤と白のタクシー車両も登場するが、残念ながら爆発はしない。

 ロック様との共演によって新たなステージに入った「無茶シティ」香港。今後の活躍を大いに期待したいところだ。『SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班』(2017)では海底トンネル、本作では超高層ビル。さて、次は何が爆破されるのだろうか。

『スカイスクレーパー』 WEB TWITTER FB 
9月21日(金)より全国公開
監督:ローソン・マーシャル・サーバー 出演:ドウェイン・ジョンソン ネーヴ・キャンベル パブロ・シュレイバー チン・ハン他 原題:SKYSCRAPER 全米公開:7月13日