ツイート シェア

【映画祭で食べよう】映画祭会場地下に韓国グルメ完備! 食大充実の釜山国際映画祭①

 年間4~5回海外映画祭に参加する筆者。どの映画祭に参加するか? 決め手となるのは美味しい食事。酒と料理が不味い地域の映画祭には、できるだけ行かないことにしている。

急成長するアジア最大級の映画祭!

 韓国・釜山(プサン)を訪問する度に実感します。「映画祭が、街をここまで変えるのか!」と。

2011年に完成した、BIFFの拠点・映画の殿堂(釜山フィルムセンター)(撮影:中山治美)

 東京国際映画祭から遅れること11年後の、1996年にスタートした「釜山国際映画祭」(以下、BIFF)。当初は、イ・ビョンウ監督の映画にもなった国際市場もある、南浦洞(ナムポドン)を中心に開催されていました。それが2011年に、地上9階・地下1階建の専用館「映画の殿堂」を、東京・お台場を彷彿とさせるセンタムシティにどーんと建造。それに伴い上映会場やマーケット会場などを同じ海雲台(ヘウンデ)区に集約しました。

チャン・ドンゴンとユナの司会で行われた第22回のオープニング・セレモニー。会場は「映画の殿堂」の4000人収容のBIFFシアター(c)Busan International film festival

 中でも目覚ましく変貌を遂げているのが、トークイベントが行われるBIFFビレッジやホテルが立ち並ぶ海雲台ビーチ。ユン・ジェギュン監督『TSUNAMI-ツナミ-』(2009)で津波被害を受けていた、あのエリアです。道路は整備され、多数あったモーテルは次々とシティホテルにリノベーションされ、すっかり高級リゾートの趣。期間中、約20万人が集まる世界ブランドの映画祭へと成長したのですから、洗練されていくのは当然かも知れません。

開催中BIFFビレッジが設営される海雲台ビーチ(撮影:中山治美)

第22回の「アジア映画の窓」部門に映画『あゝ、荒野』(2017)が選ばれ、BIFFビレッジでトークイベントを行なった(写真左から)岸善幸監督、ヤン・イクチュン、菅田将暉。BIFFは映画スターとファンの交流イベントが豊富なので、映画のチケットが取れなくとも諦めないで!(c)Busan International film festival

キンパプにチゲ……甘いものは別腹

 食環境も充実しています。「映画の殿堂」にはカフェやレストランも完備。上映会場のCGVセンタムシティは新世界センタムシティ、ロッテシネマ・センタムシティはロッテ百貨店センタムシティと巨大デパート内にあり、地下のフードコートへ降りればチゲでも寿司もなんでもござれ。

新世界百貨店地下にあるフードコートのスンドゥブ(純豆腐)チゲ。町中よりお値段ちょっと高め(撮影:中山治美)

 海雲台ビーチエリアへ行けば日本以上にコンビニがあり、これまた日本以上に具材豊富なおにぎりやキンパプ(韓国式海苔巻き)を頬張りながらパソコンに向かうのも可能です。

左/cafe pascucci (カフェ・パスクチ)海雲台店のプルコギ・パニーニ。ファーストフード店で出会う韓国ならではの味を発見するのも楽しい 右/コンビニで売っているキンパプ。こちらは「母の愛のスパム」味(撮影:中山治美)

グローリーコンド海雲台ホテル前にある屋台村パダマウル(撮影:中山治美)

 映画祭関連パーティーも連日あり、ここまでくると注意すべきは膨満感。とはいえついコンビニに立ち寄っては、大好物のチャルオクスス(もちとうもろこし)アイスに手を伸ばしてしまうのですが。ハイ、アイスは別腹です。

お気に入りの粒コーン入りのチャルオクスス(もちとうもろこし)アイス(撮影:中山治美)

 釜山らしさを市場とタコ鍋で味わう 食大充実の釜山国際映画祭② はこちら!

釜山国際映画祭 Busan International Film Festival WEB
1996年に創設され、毎年10月に韓国・釜山で開催される国際映画祭。アジア最大級ともいわれ、映画の売買を行なう「アジアン・フィルム・マーケット」なども併設されている。日本映画の上映も多く、昨年は是枝裕和監督の『三度目の殺人』や岸善幸監督の『あゝ、荒野』ほか、アニメでは湯浅正明監督の特集上映も行なわれた。

関連記事