ツイート シェア

映画ファンの隠れ家! 人気脚本家・柏原寛司さん夫妻のカフェ「人形町三日月座」

 東京駅まで約1.6キロ、徒歩20分強の好立地でありながら、江戸情緒が色濃く残る人形町。そのメインストリートに、映画関係者や地元の人に愛される隠れ家的カフェ 「人形町三日月座」がある。『探偵物語』(1979-1980)、『プロハンター』(1981)、『あぶない刑事』(1986~1987)、『ルパン三世』シリーズ(1985~)などで知られる人気脚本家・柏原寛司さんと、妻の久美子さんが営む店だ。壁には映画のポスター、グッズが並べられ、趣味満載。聞けば、元々は映画館にするつもりだったのだとか……。

「人形町三日月座」を経営する柏原寛司さん夫妻(撮影:平辻哲也)

おしゃれとハードボイルドが絶妙に共存するカフェ

 阿部寛主演でドラマ・映画化された東野圭吾原作の『新参者』シリーズ(2010)の舞台としても知られる人形町、東京メトロ水天宮前駅の8番出口から人形町方面に徒歩1分。昭和レトロな趣あるテナントビルの2階に、「人形町三日月座」はある。蕎麦屋「松竹庵」の看板が目印だ。

店舗外観(撮影:平辻哲也)

 カントリー風の白い木製ドアには「coffee & pictures」の看板。カウンター席を含めて18席。店主は妻の久美子さん。

店舗入口(撮影:平辻哲也)

 かわいらしいインテリアや三日月を写した連作写真パネル(久美子さん撮影)に混じって、『仇討』(1964)、『大菩薩峠』(1966)、『上意討ち 拝領妻始末』(1967)、『侍』(1965)、『風林火山』(1969)といった男らしい時代劇のポスターがミスマッチ(失礼!)に並んでいる。奥を見れば、黒澤明監督の『七人の侍』(1954)、『隠し砦の三悪人』(1958)、『蜘蛛巣城』(1957)もズラリ!

店に入ると珍しいポスターが並ぶ(撮影:平辻哲也)

 「脚本家の大先輩、橋本忍さんが7月に亡くなられたので、追悼の思いを込めて、作品を集めました。ポスターは月に1回くらい変えています。コレクションはいっぱいあるので。『仁義なき戦い』(1973)、『仁義の墓場』(1975)とか、深作欣二監督のポスターを飾った時は、(久美子さんから)“残虐すぎて、店の雰囲気に合わない”と止めてほしいと言われたけどね……」と寛司さん。

柏原寛司さん(撮影:Avanti Press)

関連記事